下野新聞に当店が掲載になりました。12月18日(土曜日)

下野新聞に掲載されました。
http://www.shimotsuke.co.jp/biz/economics/business/news/20101214/42861

以下抜粋です。

農業支援事業を展開するファーム・アンド・ファーム・カンパニー(宇都宮市元今泉5丁目、藤井大介社長)は18日、地場産食材をメーンに使った創作料理レストラン「下野農園」を同市下戸祭2丁目にオープンする。意欲ある県内農家約50軒と提携し、旬の農畜産物を仕入れる。県産食材の使用割合は8割に上るという。将来的には県産農産物・加工品の直売機能も持たせる考えで、同社は「頑張っている本県農業を発信したい」と意気込んでいる。

「下野農園」は、330平方メートルの倉庫跡をレストランに改装。50席でウッドデッキも併設する。メニューは主菜、サラダ、ご飯、みそ汁などが付くコースが基本で、ランチは1300円、ディナーは2800円、3800円で提供。アラカルトやアルコールも用意する。

 付加価値の高い生産、販路拡大などに意欲的な県内農家と提携し、直接取引や農協を通じ農産物を仕入れる。藤井社長は「優良農産物に見合った価格で(料理を)売りたい。高くても国産品を購入する動きにつながれば」と期待する。

 コメは旧黒羽町産、肉類は霧降高原牛や県産豚、魚ならヤシオマスなどを使用。野菜は全般的にそろえられるという。変わりどころは那珂川町のイノシシ、那須烏山市の烏山大根など。

 調理を担当する鈴木克利さんは「意欲ある農家が作った食材は、一般流通のものと違い、しっかりとした味がある。旬の農産物を使うため、メニューは臨機応変。来店するたびに変化があって楽しめる」と話す。

 また、店舗設計のデザインで文星芸術大美術学部とコラボ。学生がロゴやメニューブック、リーフレットなどを手掛けている。

12月14日(火曜日)12月及び年始の店休日のお知らせ(変更)
いつも下野農園をご利用いただき誠にありが
10月31日(日曜日)下野農園が雑誌「もんみや11月号」に掲載されました
  下野農園が10月25日発売の『もんみ

10月31日(日曜日)下野農園が雑誌「もんみや11月号」に掲載されました
  下野農園が10月25日発売の『もんみ
10月24日(日曜日)栃木県産食材たっぷり使用の下野農園のおせち 予約受付中
栃木県産の食材をたっぷり使った下野農園「

5月30日(土曜日)直売営業を再開します!
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の
5月3日(日曜日)直売営業自粛のお知らせ
新型コロナウイルス感染症(COVID-1

6月8日(月曜日)親子2代で玉ねぎを作り続けている 高根沢市 福田農園さん
高根沢町にあります福田農園さんは、土づく
5月22日(金曜日)親子二代に渡り、梨とお野菜とお米を作っている 那須烏山市 大野果樹園さん
8月中旬から始まる梨の収穫に向け、1回目

9月12日(木曜日)栃木県産「コシヒカリ」
下野農園でご提供しているお米は、「トチペ
7月19日(金曜日)「いかんべ定食」1ヶ月限定でご提供中です
とちぎの銘柄豚「とちぎゆめポーク」を使っ